Skip to content

普天間基地移設問題:日米政府の方針

2011/06/04

 米上院軍事委員会の重鎮の嘉手納統合案が話題になった普天間基地移設問題、とりあえず2011年6月頭の段階では日米両政府は辺野古移設案をあきらめる気は無い模様。

【読売】辺野古への移設「最も実現可能」…日米が一致
【NHK】普天間基地 辺野古移設を確認

ポイントは
・日米両政府は辺野古移設案を推進で認識は一致
・嘉手納統合案は一意見であり米国の意見を代表するものではないこと
・新たな移設期限は「移設先が普天間基地の代替能力を持ったら」といったあいまいな表現にとどめたこと
あたりでしょうか。

 今のところ日米両政府は「時間がかかっても辺野古」というスタンスなわけです。

広告
コメントする

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。