Skip to content

普天間基地移設問題:米上院軍事委員会の動き

2011/06/18

 米上院の軍事委員会は普天間基地移設問題に関して、

・政府は辺野古移設を見直す検討をしろ。そうしないとグァムへの移設関連の予算は止めちゃうよ!
・辺野古はやめて嘉手納統合で行こうぜ!

 ってことになった模様。記事としてはこのあたり。

【東京新聞】米、履行計画が経費承認の条件 海兵隊移転で上院軍事委
【東京新聞】海兵隊移転費支出認めず 米上院軍事委
【NHK】嘉手納基地統合案の調査要求へ

 ちなみに、東京新聞の記事にあるように、話としては上院の軍事委員会を通った状況。この決定を本当に米政府につきつけるためには、上下院の軍事委員会・歳出委員会の協議を通さないといけないわけです。しかも上院の軍事委員会以外は今のトコロは現行案(辺野古移設案)支持なので、上院軍事委員会側としては自分以外の三委員会を説得しなければならんと。ちなみ上院の歳出委員長はここまで現行案支持を明言しているダニエル・イノウエ氏。

 日米両政府にしてみれば米議会の動きは無視もできないからいろいろ考えつつも今しばらく様子を見守るしかない感じでしょうか。

広告
コメントする

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。