Skip to content

普天間基地移設問題:米軍のグァム移転予算凍結?

2011/07/21

 というわけで米上院が米軍再編の一環である「グァム移転」の費用を却下した、という話題です。

【読売】海兵隊のグアム移転予算を全額削除…米上院可決
【時事通信】グアム移転費を全額却下=歳出法案を可決-米上院本会議

 米上院は細かい主張は複数あれど、一貫して「普天間基地の移設問題、見通しが立たん膠着状態をなんとかせいや」というスタンスなのですな。日本側の具体的な動きが見えないのなら予算承認してやらん!と。一方下院は満額回答だったりするわけで。

 記事にもありますが、今後は上下院の両院協議会で上院(全額却下)と下院(満額承認)の意見のすり合わせとなる模様。その後政府へ議会の判断をつきつける、ということになるのですな。

 日本から見て困る点は、上記の結果普天間基地が継続運用になってしまいますから「普天間基地周辺のみなさんの負担減」の見通しが立たなくなっちゃうと。軍事的には普天間でも辺野古でもいいのかもしれませんが「普天間基地移設問題を解決できない日本政府」ってのは国民への印象はマイナスイメージなんじゃないかな。

広告
コメントする

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。