Skip to content

普天間基地移設問題:米第三者機関報告書による代替案

2012/07/28

 先日読売が報道していた件の読売以外による続報ってことになるのですかね。毎日新聞が米の第三者機関の報告書について報道しています。

【毎日】普天間移設:那覇空港と伊江島検討 米機関が「次善の策」

 読売の報道の際は「辺野古がベスト」という報告書になるっぽい、という感じでしたが、毎日の記事のタイトルでは「代替案として拡張予定の那覇空港や、さらに将来的に伊江島も検討したらどないや」という内容になっています。毎日の記事の本文までちゃんと見ると報告書の趣旨としては「辺野古が今のトコベスト、他の代替案の可能性が辺野古以上に高まらない限りは辺野古でいいんじゃね」と言っているように読めます。なるほど、読売の報道とも齟齬はなさそう。

 あと、青森の三沢基地(F-16が常駐していますね)については、アラスカの部隊と統合して、アラスカか米西海岸へ持っていけ、という提案も出ている模様。こちらは空軍の話なので、直接普天間がどうこうという話とはリンクしていません。

 元々米議会が米政府とのやりとりの中で第三者機関に検討してもらってレポートを出させろ、という話だったので、その中で嘉手納統合案についてたいした言及がされてないというのは(米側の内部の話として)ポイントだと思います。日本側から見ると、米政府、米議会、第三者機関とも、海兵隊を沖縄県外へ移すつもりが無い、というのが重要なポイントだと思われます。今回の報告書はまだ「米側内部の話」であって、この話がいろいろな日米の外交チャンネルを通じてどのように日本に入ってきて、日本政府や主要な与野党、あるいは沖縄県といった関係者がどのように動くことになるのが次の注目ポイントかなぁと。

広告
コメントする

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。