Skip to content

普天間基地移設問題:辺野古区長選挙

2013/03/17

 朝日新聞の記事から。他の新聞でも記事出ないかな。

【朝日】辺野古で区長選 米軍飛行場移転反対派支援の新顔当選

 普天間基地の移設先候補であるというか、現場日米両政府が移設先としている辺野古地区の区長選挙で、辺野古への移設反値派の支援を受けた候補が当選したという記事。投票率80%以上で開票してみたら辺野古移設容認派支持候補と反対派支持候補が得票数が同数、くじ引きで反対派支持候補が当選、という記事。

 同数でくじ引きで決着と言うあたりには文句のつけようもないです。ルールならそれに従うしかないわけで。

 沖縄県内で移設を容認していた辺野古地区が反対になって、本当に移設が頓挫したら一番の被害者は普天間基地周辺の「本当に迷惑している市民」なんですよね。辺野古移設反対の人達は「県内は無理だから県外か、いっそ日本から出て行け」となるわけですが、現実問題として短期的にそんな解決方法取れるわけ無いじゃないですか。そうすると、「どれくらいのスパンの問題として捉えて」「どこへ移すのか」真剣に検討するか考え始めないといけない。でも、辺野古移設に反対して「基地移設は県外で」って言っている人達の中で、現実味のある代替案を持っていて、政界に働きかけている人がどれだけいるのでしょうかという問題が。ココをクリアしてアイデアを出さないと基地移設問題は進まない気がするんですけどね。

広告
コメントする

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。