Skip to content

普天間基地移設問題:西普天間の住宅地区年内にも返還か

2013/06/14

 米軍用地のうち、返還が決まっているキャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区が年内にも変換されるのではないかという記事が出てきました。

【NHK】西普天間住宅地区 年内にも返還へ
【産経】日米、前倒し返還合意 沖縄・西普天間住宅地区、年内にも
【毎日】在沖縄米軍用地:西普天間住宅は年内返還も
【47news】西普天間地区の返還承認 日米合同委、半年前倒し

 元々返還が合意されている地区のうち、特に年内にも返還できる見通しの地区があるということであちこちで記事になっていますが、毎日新聞の紙版(6月14日大阪12A反)にはこんな記述も。WEB版だと宜野湾市幹部とされる人のコメントは掲載されてませんねぇ。

『同地区の多くは傾斜地で具体的な跡地利用計画は策定されてない。返還で地代収入が途絶える地主からの反発が予想され、宜野湾市幹部は「あまり早く返ってきても困るのが本音」と話す』

沖縄の利害関係者にとっては「跡地利用が苦労せずにできるとこをさっさと返して欲しい」って言うことですね。跡地利用の目途がたってないところを返還されても賃料を払ってもらえなくなるだけですからねぇ。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。