Skip to content

普天間基地移設問題:牧港補給地区の一部返還と西普天間住宅地区返還の件

2013/09/03

 沖縄の米軍基地で、早々に返還できるとなっていた土地のうち、まずは牧港補給地区の一部が変換されたというニュースです。

【産経】沖縄・米軍牧港補給地区の1ヘクタール返還へ
【朝日】米軍補給地区の一部返還 「嘉手納以南」計画の第1号
【ロイター】沖縄・牧港の一部を31日に返還
【琉球新報】沖縄・牧港の一部を31日に返還 日米計画で初、浦添市に

 で、在日米海兵隊のWEBサイトでも、

【在日米海兵隊】沖縄統合計画開始、海兵隊が使用していた土地を日本へ返還

 ということで、およそ1haの土地が返還されましたよと。もっとも、今回返還されたのは国道から基地へアクセスする道路部分で、返還前も地域住民の生活道路として利用されていたとのこと。だからこそたいした問題もなく、真っ先に返還されたってことですね。

 一方、早ければ今年度中にもといわれていた「西普天間住宅地区の返還」の件は、結局1年後ろへずれ込んだ模様です。

【読売】キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅、15年3月返還へ
【琉球新報】西普天間地区 返還予定は14年度末 国が県などに説明
【日経】西普天間地区は14年度末までに返還 米軍基地で防衛省

 西普天間住宅地区の返還にあたっては地元から「跡地利用の計画がちゃんとしてから返還してくれ」という感じで「準備できてないトコにいきなり返還されても困るから」的な意識が見え隠れしております。そらまあ、返還されちゃって跡地利用に着手するまでは土地がお金を生まないわけですから地主さんの収入的には死活問題ですな。ついてに言うと、跡地利用が困難な傾斜地とかは宜野湾市が公園化するようなのですが、そんな土地を住宅用地と一緒くたにしてまとめて借り上げていた米軍って、地主さんから見たら太っ腹な借り手やなぁと。

 あと、日本政府のサイトに返還予定地のPDFがあったのでリンク貼っておきます。

【防衛省】嘉手納飛行場以南の土地の返還

 西普天間住宅地区の返還の前に、牧港補給基地第5ゲート付近の2ha、これがいつ返却になるのかな?とか思ったり。

広告

From → Uncategorized

コメントする

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。